会議に関する粋なことば10選

読書感想文

会議に関する粋なことばを使って、会社生活を楽しんでみませんか?

先日、「粋なことばの教科書」という本を読んでいたところ、会議に関する粋なことばがたくさん登場しました。

と言っても、会議中の発言で使うものではなく、会議後に同僚と

「ああ、今日の会議は長くてつまらなかったな~」

と会話する際に使えそうなものです。

何が言いたいかというと、粋なことばを隠語として使うことで、「ああ、今日の会議は長くてつまらなかったな~」を、堂々を話せると思ったのです。

(性格悪い)

さあ、粋なことば(隠語)をマスターして、会議を楽しんでみましょう!

蛙鳴蝉噪(あめいせんそう)

やかましく、つまらない議論をやるだけ、まとまりのないことのたとえ。

金曜日の定例会議は、いつも蛙鳴蝉噪だよ。

会議あるあるですね。

もはや会議のことを蛙鳴蝉噪と呼びたいですね。

顧みて他を言う(かえりみてたをいう)

答えることができないで、左右を見渡して言い紛らわす。

本論をずらして他のことでごまかす。

あの人はいつも、質問に対して顧みて他を言うばかりだよ。

会議あるあるですね。(2回目)

 



諤諤(がくがく)

遠慮せずに正しいと信じることを言うさま。

お互いに諤諤と言っているだけで、時間が過ぎていったよ。

会議あるあるですね。(3回目)

正義は人それぞれです。

正義の押し付け合いはよくないゾ!

鷺を烏(さぎをからす)

正しいことを正しくないように、また正しくないことを逆に正しいように曲げて言うこと。

鷺を烏としてばかりいたから、とうとう誰からも相手にされていなかったよ。

良くないよ!!

そういうの良くない!!

下手の長談義(へたのながだんぎ)

話し方が下手なものに限って、長々とまずい話をすること。

下手の長談義にならないように、ポイントを押さえて話そう。

このことばが昔からあるということは、下手の長談義マンは昔からのあるあるなんでしょうね。

重箱の隅を楊枝でほじくる(じゅうばこのすみをようじでほじくる)

細かなことやつまらないことでうるさく言う。

重箱の隅を楊枝でほじくるような質問ばっかりだ!!やってらんねー!!

窓際族めーーー!!

そういうことだけ口出すなーーー!!

舌端火を吐く(ぜったんひをはく)

鋭く説きつける。

先輩の提案に、課長は舌端火を吐く反論を展開していたよ。

このあと部下は、両方から愚痴を聞かされるのでした。

しんねりむっつり

心の中では思っていても、はっきりと口に出して言わないさま。

今日の会議はしんねりむっつりでやり過ごそう。

そういう日もあっていいよね。

しんねりむっつりが効く日もあるよね!

 



占め子の兎(しめこのうさぎ)

物事が思い通りに行った時にいう言葉。

あの提案が通ったよ!まさに占め子の兎だ!

おめでとうございます!!!

藉口(しゃこう)

言い訳すること。かこつけ。

今日の課長は藉口しすぎてなんだか格好悪い。

課長もにんげんだもの。

まとめ

以上、会議に関する粋なことば10選でした!

粋なことばとして使うのはもちろん、同僚とこっそり会議の話をしたい時などには、隠語としても活躍しそうですね!

粋なことばの教科書には、他にも「飲み会」や「読書」等のシーンで使える、粋なことばが紹介されています。

こちらの記事でも紹介していますので、よかったら読んでみてくださいね~

▼読書に関する粋なことば

▼飲み会に関する粋なことば

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

\よかったらぽちっと応援お願いします!/

ブログランキング・にほんブログ村へ
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました