【被らない】結婚指輪ブランドの選び方を紹介します。

新婚さんいらっしゃい

いざ!結婚指輪を買うとき、こんなことを思いませんでしたか?

「知り合いと同じ指輪買っちゃったら、気まずい…」

わたしたちは、知り合いとかぶるのが恐怖で、いろいろな対策をして指輪を買った結果、誰ともかぶらない指輪をゲットすることができました!

今回は、その対策を紹介していこうと思います!

SNSの結婚報告を隈なくチェックする

はじめに、友人たちのSNSの結婚報告を隈なくチェックしました。

4割くらいの友人が、結婚報告の投稿と合わせて、婚姻届に指輪を重ね、その隣に指輪が入っていた箱を置いた写真を投稿していました。

箱にはブランド名が書かれているので、友人たちが購入したブランドがすぐにわかりました!

ラッキー!

結構仲が良くないと、ブランド名は聞きにくかったので、SNSで確認をとれてよかったです。

良い時代だ…

ちなみに、NIWAKAさんの指輪が多いな~という印象でした。

もちろんかわいいからっていうのもあると思いますが、京都のブランドだし、わたしを含め、関西出身の友人が多いからでしょうか?

「結婚指輪すてきですね!どこで買ったんですか?」

友人たちだけでなく、会社の人たちともかぶりたくなかったわたしたち。

(こだわり強いな)

会社の人たちとはSNSでつながっていないので、

SNSチェックの術を使えませんでした。

でもどうしても聞きたかったので、

結婚指輪すてきですね!
どこで買ったんですか?

と聞いたり、

結婚指輪どこで買うか迷ってて…。
○○さんはどこで買ったんですか?

と聞いたりしました。

聞かれる側は何も気にしてないのかもしれないですが、

「いきなり指輪のブランド聞いてくるなんて、どういうつもり?!」

と思われたら嫌だったので、相手の指輪を褒めるか、悩んでいる空気を出しながら聞きました。

特に嫌な顔をされることなく、みなさんのブランドを教えてもらえました。

指輪を買うときのエピソードとかも聞くことができたので、むしろ楽しかったです!

お嫁さんの指輪のほうが、10万円も高いんだよ~

とか

旦那さんが指輪を決めるのに優柔不断でね~

とか。

話してるみなさんも、なんだか楽しそうでした!

というか、ブランドを聞かれて嫌だと思うわたしの発想がおかしかったのかもしれません。(笑)

わたしも指輪のブランド聞かれても特に何も思わないもんなあ。

気にしすぎですね。(笑)

この記事を読んでいただいている皆さんは、何も気にせず聞いても良いと思います。(笑)

 



インスタで「結婚指輪」を検索する

ある程度、周りの人が身に着けているブランドを把握したあとは、自分たちが選ぶブランドを探す旅に出ました。

できるだけマイナーなブランドを選びたかったので、インスタで「結婚指輪」と検索し、良いな~!と思った指輪のブランドをチェックしていきました。

検索で探してもよかったのですが、どうしてもメジャーなブランドばかり出てきてしまうので、インスタで探すようにしました!

百貨店で、いろいろなブランドの指輪をチェックする

百貨店でもブランド探しの旅に出ました。

宝飾品コーナーを練り歩き、

このブランド、知らなかったけどかわいい~!!

と感じた指輪をチェックしていきました。

最終的にわたしたちは、百貨店に出店していたブランドに決めました。

秘儀:カスタマイズ

基本の型を選んで、色や素材をカスタマイズできると知り、お互いの好きなようにカスタマイズしました。

きっと、ブランドがかぶってしまっても、
指輪はかぶらない!

と自信(?)が湧いてきました。

 



最終手段:手作り

カスタマイズでも、かぶる可能性はゼロではありません。

もし、「世界中の誰ともかぶりたくないんだ!!」という方がいたら、手作りをするのが良いと思います。

パートナーと一緒に指輪を作るの、楽しそうですよね!

しかも、世界に一つだけの指輪ができあがります!

より大切に、指輪を扱うことができそうですね!

ちなみにわたしは、手先が不器用なのでやめておきました。

美術がダントツで苦手で、

美術の成績が悪すぎるせいで、
高校受験に落ちてしまう~

と、泣いたことがあるレベルです。

芸術や手芸の才能がこれっぽっちもありません。

 



まとめ

以上、結婚指輪を誰ともかぶらせない対策をご紹介しました!

よかったら参考にしてみてくださいね!

ブランドが決まったあとは購入するだけだと思いますが、できるだけ安くゲットしたいですよね。

そんな方のために、こちらの記事も書いています。

よかったらチェックしてみてくださいね~

読んでいただき、ありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ 
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました