女だけど結婚式やりたくない…。そもそも結婚式の目的って何なんだ。

突然ですが、すでに結婚している皆さん、結婚式はしましたか?

これから結婚する皆さん、結婚式はする予定ですか?

わたしの周りの友人や親戚は、ほとんどの方が結婚式をした(したい)派です。

わたし自身、友人の結婚式に参列するのはとても好きです。

大切な友人の綺麗な花嫁姿を見ることができるし、旧友にもたくさん会うことができて、とっても楽しいです!

だけど、自分たちが主役になる

結婚式を開催すると考えると、「んー、やらなくていいかなあ」と考えるようになりました。

(結局コロナの関係もあり、やらないことに)

やらない決断をするまで、結婚式の意義についてたくさん考えたり調べたりしていたので、今回は「結婚式をやる目的6つ」をご紹介していこうと思います。

わたしたちと同じように結婚式やるかどうか迷っている方がいたら、是非参考にしてもらえると嬉しいです!

 



結婚を誓うため

結婚式という言葉の意味を『広辞苑(第六版)』で索引してみると、
「結婚の誓約をする儀式」
と出てきます。

やっぱり、結婚式を開催する一番の目的ってこれですよね~!

誓いますか?

誓います!

という、おなじみのやつをしたり、
三々九度でお紙酒を飲んだりして、
これからの人生を共に歩むことを誓いますよね!

わたしたちは、「婚姻届の提出=結婚の誓い」だと思い、結婚式での誓いは省略できると考えました!

 



お互いの友人や親戚・会社の方へのお披露目をするため

どちらかというと、結婚式より披露宴を開催する意義になるかもしれませんが、こちらも結婚式を開催する大きな理由になりそうですね。

結婚式でもしないと、自分たちの周りの人たち一気に紹介できる機会はなかなか作れないですよね~!

わたしたちは、こんな感じで皆さんにお披露目できればいいかなと考えました。

親戚:お正月とかに紹介
友人:一緒に飲みに行って紹介
会社:まあいっか!機会があれば!(笑)

親戚同士が挨拶するのは難しいけど、それはもうあきらめよう。

ごめんなさい。(笑)

友人たちに紹介していくのは時間がかかってしまいそうですが、結婚式ではない分たくさんおしゃべりしながら紹介ができるので、たのしみです!

親に感謝を伝えるため

披露宴の最後に、両親に手紙を読むやつですね。

結婚式じゃなくても感謝の気持ちは伝えられると思い、こちらも省略可としました。(笑)

お父さんお母さん、
いつもありがとう!!!!!!
わたし、
お嫁にいきまーーす!!

結婚への踏ん切りをつけるため

「式をやると、結婚への踏ん切りがつくんだ!」という話もよく聞きますよね!

個人的には、プロポーズしたとき(もしくはOKしたとき)に、すでに踏ん切りはついていると思っています。きっと。(笑)

親に花嫁(花婿)姿を見せるため

花嫁(花婿)姿を見た両親は、

やっとわが子を育て終わった~!

と思ってくれるかもしれません。

わたしたちの場合も、そういう姿はお披露目したほうが良いかなあ~という話になり、写真撮影だけすることにしました!

 



一生に一度の主役舞台に立つため

先ほどまでは大まじめな理由を書いてきましたが、これが目的で「結婚式は絶対やりたい!!」という友人も結構います!

結婚式が終わった友人は

あんなにスポットライトを浴びたの初めてやったから
気持ちよかったわ~~!!!

と、言っていました。

確かに、自分が主役になれるのは結婚式と葬式だけって言いますもんね~!!

他にはなかなかない機会だと思います。

友人の結婚式に参列していても、花嫁・花婿さんはスターになったみたいで参列者側も盛り上がりますよね♪

わたしは、花嫁さんと目が合っただけで、スターと目が合った感覚になり、とてもうれしくなります。(笑)

私には主役なりたい願望がないのですが、一生に一度、主役になりたい!と思っている方は、なかなかないチャンスだと思います!

まとめ

以上、結婚式を開催する意義・目的について考えてみました。

いろいろな考え方があると思いますが、結婚式を開催するかどうか迷っている方の、ご参考になればうれしいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ 

タイトルとURLをコピーしました