水一日2リットルを、毎日飲めるようになったコツを紹介します。

「水を1日2リットル飲む方が体にいい。」

誰しもが聞いたことがあるのではないでしょうか。

そして、挑戦してみたことがある方もたくさんいらっしゃると思います。

だがしかし!

水1日2リットル飲むのって、意外と大変!!!

私自身、もともと全然水分を取らない人だったし、飲み物=お茶だったので、それはそれは大変でした。

でも、いくつかのコツ(技?)を押さえてみるとあら不思議。

簡単に2リットル飲めるようになったのです。

2か月間、毎日2リットル飲んだ効果はこちらから。

今回はそんなワザを6つご紹介していきます。

 



浄水器を使う

浄水器に通したお水、味がまろやかで甘い感じがします。

水が美味しくて飲みたい味に変わると、水を飲むのが一気に楽になりました。

我が家はBRITAの浄水器を使っています。

一応水道の蛇口にも浄水のフィルターをつけていますが、飲み比べたら全然違いました。

味がまろやかで、なんだか甘い。

BRITAの水が美味しすぎて、外で飲むお水がまずく感じるようになってきました。(笑)

30日間返金保証付き



誰かと一緒にはじめる

受験勉強も水飲むのも一緒!

団体戦です!

相手が水を飲んでいると思うと、

わたしも水、飲まなきゃ!!!!!

となるはずです。

水飲みは団体戦!

みんなでがんばりましょう!

わたしは旦那さんと一緒に水と戦いましたが、お互いに切磋琢磨して飲むことができています。

水1日2リットル飲みたそうな人を見つけて、高めあいましょう。

(急に意識高い)

視界に置く

視界に置いて、自分にプレッシャーをかける作戦です。

机に置きっぱなしにするのです。

そこに水があるのとないのとでは、全然ちがいます。

机は何のためにありますか?

水を置くためですよ。

水を置くことからはじまります。

(宗教みたいになってきた)

(変な水は売らないから安心して)

ルーティンに組み込む

ここからは真面目に話します。

途中で離脱せずについてきてくれた皆様、感謝申し上げます。

そもそも、水を飲む習慣がなかった方にぴったりの方法です。

水を飲むことを、生活のルーティンに組み込みましょう。

おすすめのタイミングはこちら。

おすすめのタイミング
  • 朝起きた後
  • 朝ごはん
  • 昼ご飯
  • 夜ご飯
  • お風呂入る前
  • お風呂入った後
  • 寝る前

こちらのタイミングで、コップ1杯の水を飲むクセをつけましょう。

このタイミングでコップ一杯(300ml)の水を飲むだけで、2リットル達成してしまいます。

意外と簡単だと思いませんか?

飲むタイミングを決めて、生活に組み込んだらこちらの勝ちです。

水飲みを、生活の一部にするのです。

コップ一杯の水を飲むのがつらいなら、少しずつでも大丈夫!

だんだん慣れていきましょう。

 



アプリで記録する

飲んだ水の量を管理してくれるアプリがあるので、そちらを活用しても良いですね。

スタンプカードや日記等、何かを記録することに喜びを見出せる方にはぴったりの方法です。

わたしが使っているのはこちらのアプリです。

水を飲む

下・真ん中の、+のところをタップするだけで記録ができます。

デフォルトは300mlだけど、変更もできる

また、これまでの履歴も確認できますし、

お茶のんでるやないか

体重なんかも記録していけます。

体重は非公表

1時間ごとに「水を飲みましょう」という通知もしてくれるので、ありがたいです。

もちろん無料のアプリなので、よかったら使ってみてください。

(課金機能もあるけど使わなくていい。)

水分補充リマインダ - Water Drink Reminder
水分補充リマインダ – Water Drink Reminder
開発元:Leap Fitness Group
無料
posted withアプリーチ

ストロー

最後にこれ。

ストローです。

ストローを使って飲んでみましょう。

そもそもわたし、

水なんて味のない飲み物は嫌だ!!
お茶がいい~!!

という人間だったのですが、ストローで飲んだらいける

何故かはわからないけど、とにかく飲める。

わたしのような、水をそもそも飲みたくない人間の方は試してみてください。

ごくごくいけます。

理由はわかりません。

水をたくさん飲むコツ

以上、毎日2リットルの水を飲めるようになったコツ5つをご紹介しました。

慣れるまでは大変ですが、慣れたらこっちのもんです!

読んでいただき、ありがとうございました~!!

\よかったらぽちっと応援お願いします!/

ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました