田舎育ちの僕が上京して驚いたこと。

僕の地元は田舎の中の田舎!

どれくらい田舎で育ったか言うと家の周りは田んぼだらけ、小学校の全校生徒は約100人でした。

(過疎ってますね~)

僕は、妻よりも先に大学時代に東京に上京しました。

(マウント)

そこで今回は、上京して驚いたこと、経験をまとめてみました!

ちょっと恥ずかしい経験も披露します!

ちなみに、妻同様「人が多い」とか「電車がすぐ来る」などのあるあるすぎるものは抜いています。

妻の上京して驚いたことはこちらからどうぞ

東京駅が迷路

お上りさんには厳しい洗礼でした。

ホームシックになりながら東京駅に到着し、さて家まで向かおうかな。

、、、ん?乗り換え?

難しすぎました。

新宿、池袋もよく利用していましたが個人的な感覚で一番迷路なのが東京駅です。

出口が多すぎてコンパスを持って方角を確認しながら歩いたこともあります。(笑)

 



Gとの初対面

田舎ではGを見たことがありませんでした。

虫は無限にいますが、気温?湿度?の関係でGは生息していませんでした。

1階に住んでいた際に発見した時には動きが早すぎてビビりました。

雪に対する備えがない

東京で雪が降ると、田舎では見られない光景を目にします。

ちりとりでゆきかきをする、もしくは雪かきしない+雪に適した歩き方(雪国出身のかたなら分かるはず!)をしないのでみんなずっこけている。

公共交通機関がストップするのも都市部での積雪あるあるかもしれませんね。

 



都会の空気が悪すぎる

東京でも住宅街では感じませんでしたが渋谷、新宿、池袋この周辺の空気は臭いし、不味いし何なんでしょう。

でも不思議なのが、だんだん慣れてくるんですよ。

慣れって怖いですね。

ぼったくられた

友達との飲み会でキャッチに引っかかって安くお酒を飲むのが流行ってました。

そう、龍が如くに出てくる眠らない街で有名な新宿歌舞伎町、、、

ここでも調子に乗ってキャッチを見つけて安い店(カラオケバー)に案内してもらいました。

入ってすぐに数名がやばそうな雰囲気を感じてすぐに出ようと会計をしようと思いましたが、鈍感な友達はのんきにカラオケ歌ってました。(笑)

案内してもらったキャッチから聞いていた内容とは全く違い、キャッチを追いかけましが逃げられ会計は5人で15万、、、

目ん玉飛び出ました。

そのあとは怖いお兄さんとの水掛け論の嵐、、、

泣き寝入りしてお会計し、なけなしの小銭で牛丼食べたのもいい思い出です。(笑)

 



まとめ

以上、僕が東京に来て驚いたこと、経験5選でした!

読んでいただき、ありがとうございました!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました