首が長いと肩が凝る?思いつく限りのデメリットを紹介します。

体験談とか日記とか。

こんにちは。

首長族のポテちゃんです。

「首長族」と名乗るからには、結構首は長い方です。

少なくとも、わたしの周りではトップレベルの長さだと思っています。

だから「首長族」と名乗りました。

でも、ある日突然思いました。

首が長いことを、自慢だと思われていたらどうしよう。

わたしとしては自虐のつもりで「首長族」を名乗っていたのですが、それが伝わっていないのではないかと思ったのです。

なんなら、

マウントかしら?やだぁ。

とか思われていたらどうしよう、と震えているのです。

そこでこちらの記事では、首が長いデメリットを思いつく限り紹介します。

ある種の自己紹介だと思ってください。

普通の自己紹介を読みたい方はこちらからどうぞ。

それではどうぞ~!

 



首を痛めやすい

たぶん、首を痛めやすいです。

統計とったわけでもないし、科学的根拠を知っているわけでもありません。

でも、首を痛めやすいと思います。

わたしは、首を痛めて3回会社を休みました

ベッドから起き上がるのも痛すぎるくらい痛かったです。

お医者さんからは、

首が凝りすぎて、痛めちゃったんやね~

と言われました。

これは首が長いからです。

そうに決まってます。

(適当)

座高が高くなる

首が長い分、座高も高くなります。

座高が高くて嬉しい人はあまりいないと思います。

なぜなら、

座高が高い=足が短い

ということになるからです。

小学校のとき、自分の座高が人よりも全然高いことに気づき

わたしって…スタイル悪いんや…

と、やや落ち込みました。

(首長族だとはまだ気づいてなかった)

ちなみに、平成27年から座高の測定は廃止されたそうです。

「測定に意味がない」ことが理由だそうです。

確かに、座高測っても何の意味もないよな(怒)

 



ろくろ首みたいな写真がうつる

たまに、自分がろくろ首みたいな写真になってしまいます。

我ながら、

いやwwwww
ろくろ首ってるわ~www

ってなります。

ろくろ首ならまだしも、チンアナゴみたいになる

ろくろ首ならまだいいんですよ。

一応人間だし。

たまにチンアナゴみたいに写真にうつるときがあります。

 



Vネックの服、全然似合わない

これは結構困ります。

Vネックの服が似合いません

大学生くらいまでは、こう思ってたんですよ。

まだ大学生やからVネック似合わへんのやわ。
大人の女性になったら似合うはず。

…。

考えが甘かったです。

年齢のせいでも色気のせいでもなく、首のせいでVネックが似合わなかったのです。

ろくろ首感が増すんですよ。

Vネック着て、大人の女になりたいヨ…

オフショルダー?言語道断。

え?

オフショルダー?

言語道断です。

 



とにかく首がつまってる服しか似合わない

とにかく、首がつまってる服しか似合いません。

シャツの1個目のボタンを開けるとかもできません。

上まで閉めます。

高校生のときも、ボタンは上まで閉めてました。

首つまってない服は一切買えません。

冬「寒そう」と言われる

冬、すごい確率で「なんか寒そう」と言われます

多分これも首が長いからです。

周りの人たちと同じような服を着てるのに、毎年めっちゃ言われます。

肌(首)の露出が多いから「寒そう」と思われるのです。

マフラーを顔当たりまで巻いたり、ハイネックでばちばちに首を隠したりしている日は言われません。

 



実際、冬寒い

で、実際寒いのか?

寒いです。

他の首の長さになったことはないのでわかりませんが、首が長い分寒いです。

「首を温めると全身が温まりやすくなる」ってよく言うし、あると思います

(詩吟)

ちなみに、こちらのブログのサブタイトルは「首が長いと冬は寒い」です。

まとめ

首が長い人は長いなりに悩んでいます。

また、人は誰しも悩みがあります。

お互いがお互いを尊重できる世の中になるといいですね。

\何が言いたかったんだろう/

ブログランキング・にほんブログ村へ

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました