写ルンです持って行っておでかけをもっともっともーーっと楽しく!

手軽にエモい(もう誰も使ってない)写真が撮れる写ルンです。

枚数に制限があるので、できるだけ失敗したくないですよね。

わたしは、現像した写真のうち半分ぐらいが失敗作だった経験があります。

(チーーーン)

そんな経験、もう他の人にはさせない!!

という使命感のもと、こちらの記事を執筆することにしました。

2年間、写ルンですを使い続けたコツを伝授します。



失敗作の共通点

失敗作にはいくつかの共通点があります。

室内

まずは室内。

そんなもん当たり前やろがい!!

と言われてしまいそうですが、室内で失敗作を大量生産してしまいました。

室内で撮った写ルンですの9割は失敗作になってしまいます。

ケーキかな、チーズかもしれないな。

これでもまだマシな方です。

真っ暗闇の写真が出来上がります。

電車

次は電車。

旅行などで見知らぬ電車に出くわすと、写真を撮ってしまいませんか?

写ルンですで撮るのはやめておきましょう。

阪急電車、良い感じに撮ってあげられなくてごめん。

負のオーラ満載の電車になってしまいます。

言わずもがな。

阪急、ほんとにごめん。

アップ

次はアップの写真。

スマホで写真を撮るときは勝手にピントを合わせてくれますが、写ルンですはそうはいきません。

映画館に写ルンです持ってかなくていい。

ボヤ~っとします。

これはこれで良いかもしれませんが。

窓越し

窓越しに被写体を撮るのもおすすめしません。

実物以上に窓が存在感をあらわしてきます。

皆さんはKITTEから東京駅を撮らないように。

めんどくさがらずに外に出ましょう。

(自戒)



成功作の共通点

続いて、成功作の共通点をご紹介します。

晴れている日の空は間違いありません。

そらあああああときみとの
あいだにはああああ

季節のお花や道路標識などを一緒に撮ってもきれいです。

続いて海です。

決めた!!!あたしこの街にするわあああ!!(キキ)

個人的には、ビーチ系の海よりも漁港がきれいに撮れる気がします。

海の青さが際立って綺麗に撮れます。

昭和レトロな街中

写ルンですの昭和感も相まって、昭和レトロな街中もよく映えます。

ハモニカヨチョコ
ヨコスカジャンパープリンスゥゥゥ

近所の昭和レトロを探してみましょう。

動物園

動物たちも被写体にぴったりです。

呼んだ?

こどもにカメラ係をしてもらうのも楽しそうですね。

派手な色の被写体

鮮やかな被写体を撮るのも良いです。

たまたま出くわした謎の祭
もういっかーーい、もういっかーーい

スマホとはまた違った色合いが出てきます。



写ルンですで写真を撮るコツ

撮る場所や距離感に気を付けて、素敵な写真を撮ってみてくださいね!

\よかったら応援お願いします!/

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました