【アラサー男女におすすめ】映画「花束みたいな恋をした」を見ました。

新婚さんいらっしゃい

話題の映画「花束みたいな恋をした」を見てきました。

少女マンガみたいな映画かと思って見に行ったら(良い意味で)全然違いました。

恋をしたことがあるアラサーの皆さん。

絶対に見た方がいい映画だと思います。

切なかったけど、前向きになれる映画でした。

失恋した経験もよかったなあと思えるような。

「わたしの感想なんて誰も興味ないやろ」と思って映画の記事は書かないつもりだったけど見てからいろんな気持ちがぶわーっとあふれ出てきたので、こちらに書き留めさせてください…。

とにかくアラサーの人に見てほしいので、記事にしてみます。(笑)

ストーリー

本作は、終電を逃した山音麦 (菅田将暉)と 八谷絹 (有村架純)が、偶然出会い、恋に落ちるところからはじまります。

二人は付き合い、大学を卒業してしばらくはフリーターをしながら同棲をはじめます。

「これからも一緒にいるためには、お金も必要」となり、二人は就職しますが、環境の変化や価値観の相違が大きくなり、だんだんすれ違っていく…というお話です。

平凡な一組のカップルの始まりから終わりまでが描かれています。

脚本家・監督

脚本家は、「東京ラブストーリー」「Mother」等を手がけている坂元裕二さん。

監督は、「ビリギャル」「逃げるは恥だが役に立つ」「オレンジデイズ」等を手がけている土井裕泰さんです。

アラサーにおすすめの理由

自分と重ね合わせて見ることができるので、全アラサーにおすすめしたいです。(笑)

大学生のころから付き合っていた人に対して愛情が薄れてしまったり、相手と価値観が合わなくなってしまったりして、別れてしまう人ってたくさんいると思います。

別にどちらが悪いわけでもないのに、もう付き合えなくなってしまうんですね。

あとから思い出しても、
別に相手のことを嫌いなわけじゃなかったな~とか
タイミングが違えば結婚していたのかな~とか
ふと考えることってアラサーあるあるだと思うんですが、そういう人たちに刺さるような映画です。

一度でも失恋したことがある人であれば、自分と重ね合わせて見てしまうと思います。

映画を見ているはずなのに、自分の物語を見ているような錯覚に陥りました。

「ああ、わかる」って共感しながら自分を振り返ることができます。

そして、失恋もいい経験だったなという前向きな気持ちになります。

幸せなシーンも切ない

映画の冒頭では、すでに別れた麦と絹が、お互いのパートナーと一緒にいるときに鉢合わせてしまうシーンからはじまります。

もうこの時点で二人が別れることがわかっているので、
そのあとの出会いのシーン、
好きになった人と趣味が一緒でウキウキするところ、
3回目のデートで告白しようと決めること、
同棲をはじめるとき、
「就職しても俺たちは何も変わらないから」
という言葉。

全部切ない気持ちになりました。

こんなに二人は幸せなのに、終わっちゃうんだなあ…と。

数年前の自分の顧みているような気持ちになりました。

別れたあとに、幸せだった思い出をひたすら思い出すようなあの感覚です。

 



主人公が平凡だからこそ共感できる

とんでもない浮気をするとか、彼氏が犯罪をしてしまうとか、どちらかが貴族とか。(笑)

そういうとんでもない設定は全くありません。

二人も、
取り巻く環境も、
すべてが平凡なんです。

なので、いちいち自分に重ね合わせてしまいました。

別れたあとの二人がいい!

別れたあとの二人は、どちらもパートナーと幸せそうにしているのはもちろん、

相手に対しても前向きな気持ちでいるんです。

冒頭のシーンで、二人が違う相手に対して同じことをしゃべっているのもよかったなあ~。

きっと、別れてなくてもうまくいってたのかもしれないし、別れたからこそ、同じことを考えられているのかもしれない。

と、頭がぐるぐるまわりました。(笑)

二人とも相手に対してきれいな気持ちで別れることができていて、理想的な別れ方をできたんだなあと思いました。

恋愛のシーン以外にも

恋愛のシーン以外にも、共感できる場面がたくさん。

就活で圧迫面接をされて落ち込んだり、
入社したあとの人間関係に悩んだり。

そういう、誰もが経験してきたことがたくさん散りばめられています。

絹ちゃんが就活で落ち込んでるシーン胸が痛くなりました。

とにかく、自分と重ね合わせてしまうので、刺さるんです!

タイトルの「花束みたいな恋」を考える

見る前は、素敵な恋をしたから花束なんだなあって思っていましたが、

花束はいつか枯れるから、花束みたいな恋なんだ、と個人的に思いました。

「はじまりは、おわりのはじまり」

というテーマが、いろいろな言葉に置き換えられていました。

「タイトルってどういう意味だったんだろうね」といろんな人と話したくなりました。

 



おまけ

客層が若い!

いくつか出会いと別れを繰り返したからこそ、自分と重ね合わせて見ることができる映画だと思うのでアラサーにおすすめしたいのですが、思っていたより客層が若かったです!

私も見る前は少女マンガ系だと思っていたのですが、ある程度自分の恋愛観が確立したアラサーに見てほしいと思いました。

今回若くして見た子は、是非数年後にもう一回見てほしいな~!!きっと感想が変わると思います。

有村架純の口から「天竺鼠」が出てくる

わたしは天竺鼠が好きなんですが、有村架純さんや菅田将暉さんが、「天竺鼠」って何回も言うんです。

ファンとしてとてもうれしかったです。(笑)

ほかにも「きのこ帝国」とか「ミイラ展」とか出てきます。

文化系の皆様、どこか自分の趣味とかぶるところがあるのではないでしょうか!

以上、映画「花束みたいな恋をした」の感想でした。

自分と重ね合わせて見られるから、主人公がとても平凡だから、過去の恋愛に対して前向きになれるから、是非、アラサーの方々に見ていただきたいです!

あと、映画レビューって書くの難しいですね。

思ったことを言葉にするのが大変で、全然気に入らない記事となってしまいました。(笑)

映画レビューのブログをしている方々ってすごい!!!

追記

映画にはまりすぎて、ノベライズ本を買ってしまいました。

読みながら、出てくる作家さん等をまとめてみたので、

よかったらこちらの記事も読んでみてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました